Photoshopにてスマートオブジェクトが1px未満でズレる問題

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

概要

  • Photoshopでなんらかの動作をする事によって、スマートオブジェクトの位置がズレてしまう
  • スマートオブジェクトのスケール率が微量に増減するのを防ぐ
  • トリミングしきれなかったりするのを防ぐ(2回トリミング出来てしまうのを防ぐ)
  • PhotoshopCC2017で確認
  • 画像補完方式が “バイキュービック” でもこの問題が起こる

防ぐ方法

  • 編集(E) -> 環境設定 -> ツール(O)…を選ぶ
  • ”ベクトルツールと変形をピクセルグリッドにスナップ” のチェックを外す
  • OKを押す。

検証

上記チェックが入っている時の挙動をチェック

検証方法

  • なんでもいいので画像を開く(↑のとかでもいいよ!)
  • レイヤーを右クリックして、”スマートオブジェクトに変換”
  • “自由変形”にて、ツールバーで横30%、縦30%を指定
  • Ctrl + Aで “全てを選択”
  • イメージ(I) -> 切り抜き(P)

検証結果

上記の通り、縮小後に意味のない操作を行った結果、以下が確認できる。

  • 位置がちょっとズレる(1px未満の範囲内)
  •  スケールがちょっと変わっている
    • 再度自由変形モードにすると確認できる

その他

Sponsored Link
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+