ドット絵アニメ「ステキなアイドル」のあれこれ(前編)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

概要

「ステキなアイドル」というドット絵アニメの動画を作ったときに気をつけた事など

 

ニコニコ版

http://www.nicovideo.jp/watch/nm17814426

youtube版

https://www.youtube.com/watch?v=nBNSA2kYG5U

プラットフォームに合わせた

元々ニコニコにのみ投稿する予定だったので、ニコニコ用にどうするか注意した。

何故ニコニコなのか

ドット絵をできる限り綺麗に見せたい目論見が合った。ドットを滲ませたくなかった。
flvやmp4などの画質がエンコードに左右される動画ではなく、画像をニアレストネイバーで表示可能なFlashで投稿したかった。
当時Flashが投稿できるポータルサイトはニコニコぐらいしか知らなかった。あと自身がニコ厨だった。

swfの仕様

nicovideoに投稿できる具体的なFlashの仕様は http://dic.nicovideo.jp/a/swf 等を参考。

サムネイル

150823_blog_created_mbms_010_thumb
動画の説明文に出るサムネイル

この画像はボタンシンボルで表示した。
ボタンシンボルは動画再生中には見えないが、サムネ判定には写る。コレを使うと再生中には写らない画像をサムネに指定できる。

再生解像度

ニコニコの再生解像度は512 * 384 だったが、当時のプレイヤーのアップデートがあり、
ユーザーが大きい解像度で表示できる「大画面」という設定が出来るようになった。

150823_blog_created_mbms_015_switch
このボタンで「中画面」と「大画面」を切り替えられる。

大画面に設定されると、自分が想定していた等倍ドットでは表示されない!
そのために、「中画面じゃないとキレイに見れないよ」という注意書きを動画の説明文に入れた。

とはいえ、動画の説明文なんて誰も見ないだろう と思っていたので動画の最初にも入れた。

150823_blog_created_mbms_020_dotchecker
2*2のパターンディザで、ブツブツが見えたら動画が粗く見えますよというモノ。

入れたはいいけど、今思うと大半の人が意図が理解できるか微妙だし、10秒と結構尺を長くしすぎた。反省点の一つ。

コメントに注意した

どのくらいかコメントがつくか分からないけど、あることは予測していたので出来るだけ被らないようにしたかった。

150823_blog_created_mbms_030_ss
実際のコメントがついた画面。

コメントの出る位置は決まっていて、

  1. 右から左に流れるコメントが、上から重なっていく
  2. 中央の下に留まるコメントが、下から重なっていく
  3. 中央の上に留まるコメントが、上から重なっていく

ものがほとんど。1のものから数が多い。
そのため、ここを回避するため中央やや下辺りに重要なモノを置くようにした。

150823_blog_created_mbms_040_comment
例で言うとこんな感じ

512*384の解像度のうち、コメントが被らないよう
見せたいものを明るい部分に重要でないものを暗い部分を配置するように注意した。

150823_blog_created_mbms_050_comment

以上から

ニコニコにあわせるために

  • 動画の解像度はswfの仕様に合わせて512*384で作る
  • コメントが被らないように512*384をフルに使うのではなく、上下の端が開くように16:9の512*288で埋めた。
  • コメントが被らないように見せたいものは中央やや下にまとめた

 

続きます… → ドット絵アニメ「ステキなアイドル」のあれこれ(中編)

Sponsored Link
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+