160905_blog_ps_action_thumb

Photoshopのアクション

概要

Photoshopのアクションに関しての簡単な説明と使い方。初心者向け。
※以下PhotoshopCCでの説明になるが、他のバージョンでもだいたい同じ。

アクションとは?

  • Photoshopに最初から備え付けてある機能
  • 操作を記録して、いつでも同じ操作をさせる事ができる
  • 面倒くさい書き出しや、操作をワンボタンで行える
  • 主に効率化やミスを減らすためのもの
  • ややクセがあり、慣れるまでヘンな事をしてしまう

アクションを作成する

以下は例で要5分程。クセがあるツールではあるが、慣れてしまえばあとはラクが出来る

アクションウィンドウを開く

メニューから、”ウィンドウ(W)” → “アクション”

160905_blog_ps_action_020_window_2
こんなウィンドウが出てくるはず。中は人それぞれ。

新規セット(フォルダ)を作る

※すでに作ってあるセットの中に入れたい場合、この操作は不要

アクションウィンドウ内のセット(フォルダ)のアイコンをクリック

160905_blog_ps_action_030_create_sets

お好きな名前をつけて”OK”。名前は後で変更可

160905_blog_ps_action_040_create_sets_name

作ったセットが追加される

160905_blog_ps_action_045_created_sets

新規アクションを作成

セットを選択した状態で、新規作成のアイコンをクリック

160905_blog_ps_action_050_created_sets

お好きな名前をつけて”記録”をクリック。このへんも後で変更可

160905_blog_ps_action_070_recoding

赤い●が表示されていれば録画状態。
録画状態
では、余計な操作をすると一緒に記録されてしまうので注意!

操作して保存する

例として、256×256の新規ウィンドウを作るアクションを作る場合。

上記、録画状態にし・・・

“ファイル(F)”→”新規(N)”をクリック

160905_blog_ps_action_080_recoding_document

サイズを 幅256x高さ256 に指定したウィンドウを作成

160905_blog_ps_action_090_recoding_document_setting

ウィンドウが作られた後、アクションウィンドウの停止アイコンをクリックで録画終了

160905_blog_ps_action_100_recode_stop

アクション作成完了。
記録を停止しないといつまでも録画し続けるので注意!

アクションを再生する

記録したアクションを選択した状態で、再生アイコンを押す

160905_blog_ps_action_110_play

上記例では、再生アイコンを押すごとに256×256の新規ウィンドウがでてくる。

ファンクションキーで動くようにする

アクションウィンドウの右上にある、”≡” →”アクションオプション”をクリック

160905_blog_ps_action_120_option

ウィンドウが出てくるので、ファンクションキー(E)から、好きなキーを選択して”OK”

160905_blog_ps_action_130_option_functionkey
次からはキーボードのファンクションキーで再生される。ワンボタン実行になる。

作ったアクションを削除する

いらないアクションやセットを選択して、ゴミ箱アイコンをクリックするだけ。

160905_blog_ps_action_140_delete
ドラッグしても消せる

Sponsored Link